オンラインカジノが違法ではない理由!合法といえる根拠はあるのか

オンラインカジノが違法ではない理由!合法といえる根拠はあるのか

オンラインカジノは違法なのか、合法なのか。

最初に結論をいうと、オンラインカジノは違法ではありません。

この記事では、オンラインカジノが違法ではないと言える理由を実際の事例や法的な話を交えて解説しました。

トラブルに巻き込まれた時に冷静に対処できるように、興味があれば読んでみてくださいね。

※私自身は法律に関する資格等を有する専門家ではありません。
 自身で調べた内容を基にした個人的な見解ですので、その点のみご了承いただければと思います。

オンラインカジノは違法ではないといえる根拠

そもそも「違法」というのは「法を犯すこと」を意味しています。

日本で定められている何らかの法を犯していると違法であると言えるのですが、オンラインカジノの場合はどうなのか。

結論から言うと、オンラインカジノで遊ぶことを摘発できる法律は現在の日本に存在しません。

ですから、オンラインカジノは違法ではないと言えるのです。

法律で正式に認められているわけではないので「合法」でもないのですが、違法でもないのでグレーゾーンという認識が正しいかもしれません。

オンラインカジノは賭博罪にあたるのか

「でもオンラインカジノはギャンブルだし賭博罪じゃないの?」

と思うかもしれないので、オンラインカジノが賭博罪に当たるのかどうか考えてみましょう。

賭博罪はwikiで下記のように定められています。

賭博罪が成立するためには、当事者双方が危険を負担すること、つまり、当事者双方が損をするリスクを負うものであることを要する。従って、パーティーなどで無料で行われるビンゴゲームのような、当事者の一方が景品を用意するだけで片方は負けても損をしない場合には賭博には当たらない。

引用:賭博及び富くじに関する罪 – Wikipedia

なお、賭博罪には単純賭博罪と常習賭博罪の2種類がありますが、常習賭博罪は賭博罪を日常的に犯しているかどうかとなるので、ここでは単純賭博罪についてのみ考えます。

(単純賭博罪が成立しなければ常習賭博罪も成立しない)

賭博とは簡単に言うと、二者間のうち片方が一方的にリスクを負うのではなく、両方に負けるリスクがある賭け事を指しています。

ここだけ見ると、オンラインカジノで遊ぶことは胴元とプレイヤーの二者間で、どちらも負けるリスクを持っているので賭博にあたりますね。

しかし、ここで重要な点があります。

この賭博罪とは日本の法律ですので、海外では適用することができないのです。

日本人が海外旅行をした時に、海外のランドカジノで遊んでも罰せられることはありませんよね。

それと同じでオンラインカジノの胴元が海外で合法的に賭博の場を開帳しているのであれば、プレイヤーのみを罰することはできません。(必要的共犯)

そのため、賭博罪にあたらないと言えます。

海外で運営されていることが前提

カジノゲーム自体は「賭博」ですが、海外で運営されているカジノを日本の法律で摘発できないので、賭博罪にはならない。

これが結論となるのですが、海外で合法的に運営されていることが前提です。

例えば、運営企業が日本だったり、日本人が多数関わっているオンラインカジノの場合は、運営実態が日本であると判断されてトラブルに巻き込まれる可能性があるということです。

ちなみに、仮にカジノ合法の国で運営されていてもライセンスを取得していない場合は違法ですので注意してください。

2016年にはじめてプレイヤーの逮捕者がでた事件の真実

実は2016年に、国内で初めてスマートライブカジノというオンラインカジノで遊んでいたプレイヤー3人が逮捕される事件が起きました。

「オンラインカジノは違法じゃないのに何で逮捕されるの?」

と思っても仕方ないかもしれませんが、重要な点として「逮捕=有罪」ではありません。

賭博罪に該当する疑いがあるとして逮捕されただけです。

実際に、逮捕された3人のうち2人は略式裁判に応じて単純賭博罪として罰金刑を受けましたが、略式裁判に応じなかった1人は結果的に不起訴となっています。

※略式裁判とは、簡単にいうと実際の裁判で有罪か無罪を争わずに自分で罪を認めて罰金を払い、時間をかけずに終わらせることです。

略式裁判に応じなかった1人が不起訴となった理由は、仮に起訴しても有罪になる可能性が低かったと検察が判断したためだと予想できます。

ですから、客観的な事実だけを見ると、賭博罪の疑いがあって逮捕したが、有罪にするのは難しかったから不起訴となったという結論になるのです。

そうは言っても、有罪にならなくても逮捕されるのはイヤだよというのが大半だと思います。

そこで、このスマトラのプレイヤー逮捕から考えるトラブル回避の対応策は次のようになります。

この事件からわかる対応策

実は、京都府警がこのスマトラのプレイヤー逮捕に踏み切った理由としては、スマートライブカジノが日本で運営されていると判断できるからだったからだと言われています。

 

  • 日本版のサービスはディーラーが日本人だった
  • 運営時間が日本時間の夕方から深夜だった

といった点から、拠点は海外だけど、実態としては日本人に向けた違法賭博だと判断したのです。

また、逮捕者3人は自分がカジノでプレイしている様子をブログやSNSに載せていて、それを足がかりに特定されています。

ですから、こういったトラブルを避けるために下記を意識するといいのではないかと思います。

 

  • 日本人専用のテーブルがあるカジノは避ける
  • カジノで遊ぶ様子をSNSなどにアップしない
  • カジノとSNSのユーザーIDなどを同じにしない
    (逮捕されたプレイヤーはこれが理由でアカウントを特定された)

まとめ

オンラインカジノが違法なのか、合法なのかについてまとめます。

 

  • オンラインカジノで遊ぶことを禁止する法律は今の日本には存在しない
  • オンラインカジノの胴元が海外にある場合、賭博罪にはならない
  • 2016年に逮捕されたプレイヤーで略式裁判に応じなかった1人は不起訴になった
  • 日本人専用のサービスを提供しているオンラインカジノは避ける

オンラインカジノで遊ぶ時は、運営企業が海外なのか、サーバーもカジノ合法の国においてあるかなどを確認するようにしましょう。

オンラインカジノの知識カテゴリの最新記事